海外FXは注意すれば怖くない

国内でFXを経験した人は海外FXに目を向ける人も多いようです。
なぜなら、海外FXは国内FX業者よりレバレッジが高く、入金に対してボーナスが付与されることが魅力だからです。
一方、FXを経験したことがない人もインターネットや書籍等でFXに興味を持つ人が多いですが、興味を持つ理由のひとつに手数料無料という説明がある点です。
確かにFXは手数料無料の業者がほとんどですが、別の所で業者に手数料を支払っていることを留意しておかなければなりません。

それがスプレッドというもので、これが低いほど自分が取引コストを抑えることができます。
海外FX業者はスプレッドがとても低い傾向にありますが、これも業者ごとに異なるのでしっかり他業者と比較検討して口座開設する必要があります。
注文自体は日本語サポートが整っている海外FX業者がほとんどなので簡単にできますが、必ず注文が成立するわけではありません。
このため自分の注文がしっかり成立するように約定率という項目もしっかり確認してから口座開設をすることをおススメ致します。

投資には積極的でも、海外の業者を使う人は極端に少なくなります。
その理由としては、預けた資金に不安な面と日本語に不対応で万が一の時に心配なのでしょう。
しかし例えば、今も最も人気なFXなどは海外でも大変人気があり、その外国に住んでいる投資家はその国や世界的に人気なFX会社を使っています。それは私達から見ると、海外FXになるのです。

このように考えると、海外のFX業者も安心だと思えるはずです。
また、多くの有名な海外のFX会社は、日本国内よりも規模が大きくシステム的も安定していて、またレバレッジも高くて約定能力が高いのも事実です。

海外FX業者の中には1000倍もの倍率を提供している所もありますが、これほどのハイレバレッジ倍率はリスクが高すぎて誰も利用しないでしょう。
せいぜい200~400倍程度のレバレッジ倍率があれば十分です。

出典:海外FXランキング

昔の株取引のように電話取引や窓口での口頭取引なら海外業者が使えないのは理解できますが、このネットやスマホが発達した現在でも海外業者に不安なので正直、時代遅れだと思います。
能力があり誰よりも速く投資の世界で成功したいのなら、海外のFX会社を使うのも一つの作戦だと思います。
FXはどこにいても、どの通貨でも取引でき、また公平で投資の世界ではクリーンだからここまで一般に広がり人気を得ました。
次は国内業者から海外業者で取引するのが、当たり前の世の中になるはずです。
それにしても最近はFX取引業者はたくさんあってどこがいいのか迷いますよね。
海外FXで楽しく稼ぐことに集中したいからできるだけ余計な費用を抑えたいところ。
そこでFX初心者が海外FX取引業者を選ぶときの3つのポイントをお伝えします。

ポイント1売買手数料は無料?
通貨の売買をする際、FX取引業者に売買手数料を支払う場合があります。以前に比べて手数料無料なところが増えてきましたが、中には売買をする度に手数料が発生するFX業者もあります。
また売買手数料無料とアナウンスしている業者でも条件次第では手数料が発生することもあるので注意が必要です。1万通貨単位だと無料でも1,000通貨単位だと手数料がかかるなど、通貨単位ごとの手数料までしっかりチェックしましょう。

ポイント2スプレッドは何銭?
たとえばドル/円の取引で円を買う場合。値はそのままですぐに売ったとしても、買ったときと同じ値段で売ることはできません。なぜならFX取引にはスプレッドというものがあるからです。
スプレッドが0.3銭の設定であれば、買って即売ったとしても0.3銭マイナスになります。そのスプレッド分がFX取引業者に入る仕組みになっているのです。
スプレッドは業者によって0.3銭以下〜1.0銭まで幅広く設定されているので、できるだけ少なくかつ固定の取引業者を選びましょう。

ポイント3取引単位は?
FXでは円やドル、ユーロなどさまざまな通貨の売買を行います。
そのため取引単位は「通貨」や「LOT」で統一されています。
さらに最低取引単位数が決まっている業者が多く、1万通貨(=1LOT)からのところがほとんどです。
ドル/円の場合、1万通貨(=1LOT)の取引をするためには約45,000円の証拠金が必要です。(必要証拠金は為替レートによって増減します)

もっと手軽にリスクを少なく取引したいのであれば、1,000通貨から取引可能なFX業者を選びましょう。
1,000通貨であれば約45,00円の元手から始められます。
はじめはリスクを少なくし、勝ちパターンをつかんでから1万通貨取引をしても遅くはありません。
以上、海外FX取引業者の選び方3つのポイントをお伝えしました。
相性のいいFX取引業者を見つけて楽しく始めてみてください。